かけだしがかけだしに情報提供するスタンス

かけだしDTMerのためのアレコレ

ToDo

NI音源・プラグインを指定の場所に保存する方法

更新日:

Native Instruments社のCOMPLETE等

大容量・数の音源・プラグインのインストール先の変更方法

まずはNIのソフト「Native Access」を開きます

「Native Access」 が開いたら

右上の「人影マーク」をクリックし、

「Preferences」を選択

「location(保存場所)」は右側の「BROWSE」で変更ができます

Download location

 音源・プラグインインストール用の一時ファイル

 大容量のものもあるため、ストレージが多い場所を選びましょう

 インストール完了後はストレージ消費しないようになっています

Application location

 そのままの設定で良いです

Content location

 コンテンツ製品(音源など)の保存場所になります

 十分な空き容量がある場所が良いです

 (当サイトは外付けSSDをオススメとしております)

VST 64 location

 64ビットのプラグインの保存場所です

 (当サイトは管理のしやすさの面から外付けSSDをオススメとしております)

VST 32 location

 64ビットのプラグインの保存場所です

 (当サイトは管理のしやすさの面から外付けSSDをオススメとしております)



私は外付けSSDに

「NIcontent」「NI64plugin」「NI32plugin」

というファイルを作り

そこを保存場所にしています

この作業が終了したら

コチラのページを参考にCUBASEで使ってみましょう

-ToDo

Copyright© かけだしDTMerのためのアレコレ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.